保険診療ページヘッダー画像

保険診療

Insurance medical

診療案内

白内障

白内障はレンズにあたる水晶体が濁り、視力の低下やまぶしさが増すなどの症状がでる病気です。
一般的には高齢者の病気と思われがちですが、早い人では40歳ころから発症することがあります。
手術適応がある場合には当院で白内障手術も行っております。
お気軽にご相談ください。

緑内障

緑内障とは何らかの原因で視神経が障害され、視野(みえる範囲)がせまくなる病気です。
眼圧の上昇がその原因のひとつと言われています。一般的に視神経の障害はゆっくりと起こり、知らないうちに病気が進行していることがあります。一度障害された視神経をもとに戻す方法はなく、病気の進行を止めることが治療の目的となります。
早期発見・早期治療が大切な病気です。健診で眼圧が高い・視神経の異常を指摘された場合は眼科受診をお勧めします。

糖尿病網膜症

糖尿病が原因で目の中の網模という組線が障害を受け、視力が低下する病気です。
自覚症状がでる前から網膜の変化が始まっており、気づいたときには網膜症がかなり進行していることもまれではありません。
糖尿病と診断された方は一度眼科を受診し、定期検査を受けることが重要です。

眼鏡処方

患者様の生活スタイルや視力に合わせた適切な眼鏡処方を行っております。ご相談ください。※ コンタクトレンズ処方は行っておりません

当院で対応可能な治療

  • 網膜光凝固術:糖尿病性網膜症や網膜剥離・裂孔
  • 抗VEGF薬治療(硝子体注射) 滲出型加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症や網膜静脈閉塞症に対する黄斑浮腫、病的近視(脈絡膜新生血管)に適応となります。
  • 白内障術後の後発白内障に対するYAGレーザー後嚢切開術
  • 急性緑内障に対するレーザー虹彩切開術
  • 黄斑浮腫に対するトリアムシノロンアセトニド薬テノン嚢下注射